ノストラダムス の 大 予言 コロナ。 特別公開中●新型コロナウイルスの大流行をノストラダムスが予言していた!? 「3人の巨人」の団結に希望を/遠野そら・MYSTERY HOT PRESS|ムーPLUS

コロナ流行はノストラダムスの大予言?陰謀?感染源やルートは?|マシュとマロのふたりごと

🙃 スポンサーリンク コロナ流行の感染源やルートは? 動物からヒトへウイルスが移ったことがコロナの感染ルートだと言われているようです。 また今まで高齢者がなくなっていたケースが多かったが「若者」というキーワードも出てくることが不気味だ。 今後、コンピュータ翻訳の精度が劇的に向上し、言語の壁が完全になくなることを予言していたのかもしれない。

18

【コロナウイルス 】予言者ノストラダムスの百詩篇で予言【訳あり】

🤫 疫病で「有飯無人食(食事はあれど食べる人なし)」というのは、ロックダウン(都市封鎖)で機能停止した街を。 これは16世紀の刊行直後から語られていることで、以下の通りです。 事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。

12

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

😉 『ノストラダムスの大予言』を著し、日本のノストラダムスブームに火を点けた五島勉氏は、これを人類滅亡だと解釈したが、他の研究者らの間ではアンゴルモアの大王=フランソワ1世を指すとしており、人類滅亡のニュアンスはない。 その解釈は「20世紀末から今日までの世界情勢を見事に予言しているともいえる」という漠然としたものだった。 当時、ソビエトを中心した東側諸国と米国を中心とした西側諸国の冷戦、オイルショック、公害問題など、将来に対する不安がありました。

19

ノストラダムスの大予言が言ってた恐怖の大王って、まさか、新型コロナウイルスだ...

👇 ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 モンゴル人=アジア人=東南アジア人=ビン・ラディン氏 みたいな感じです。

【完全的中】新型コロナを言い当てた3人の予言者たち|気になる今後についても語っていた!

😗 この時空の変化は、時空テロリストによるものですので、中華系時空テロリストの暗躍があった場合は中止はありるのかもしれないということに繋がるのでしょうか。 コロナ禍が25年まで続くのは耐えがたい。

16

新型コロナよりも恐ろしいゾンビウイルス ノストラダムス2021年の予言とは…

😜 — omiso. ・数人の若者が死にかかる ・恨みで死んだものは他のものを輝かせる ・いくつかの場所で大きな悪が起こる ・疫病のモンスターの影響で喪に服す ・偉大な人物は現れず、世界が滅亡する ・人類にとって大きな問題の後、更に大きな問題を迎える。

7

新型コロナよりも恐ろしいゾンビウイルス ノストラダムス2021年の予言とは…

💋 今後、コンピュータ翻訳の精度が劇的に向上し、言語の壁が完全になくなることを予言していたのかもしれない。 かつてのモンゴル帝国の位置にあるのはロシア(冷戦時代はソ連)なので、これは同国を暗示しているという推理だ。

13